ヤマハ ステージア買取強化!!

  1. HOME
  2. マニアックブログ
  3. 楽器について
  4. ATELIER Z(アトリエ ジー)のE#286について【ベースギター】

マニアックブログ

ATELIER Z(アトリエ ジー)のE#286について【ベースギター】

海外ブランドも良いけれど、国産ブランドのベースギターが欲しい。
そんな方はATELIER Z(アトリエ ジー)はいかがでしょうか。
取り揃えているベースはどれも素晴らしいものばかりで、人気を集めているのも納得の国産ブランドです。
E#286もATELIER Z(アトリエ ジー)のラインナップの一つで、70年代を思わせる、フルサイズボディのジャズベースですね。
ボディにアッシュ、ネックにメイプルが採用されています。
青木智仁氏のシグネイチャー・モデルであるM#265をベースに作られていますが、マスタートーンを備えた事でパッシブの際も狂いのないサウンドコントロールが可能となっています。
またキャビティ内でミッドコントロールを操作するのではなく、トップコントロールで行えますので、即座に思い通りのメイキングが出来るでしょう。
さらにE#286はローアクションセッティングでの華やかなアタックを備えるだけでなく、倍音成分やボディ全体の鳴りの豊潤さも味わう事が出来ます。
どんな音楽にも合わせられる音色に加え、ATELIER Z(アトリエ ジー)らしく抜けは抜群ですし、ハリのある高域も備え、また素早く立ち上がってくれます。

ATELIER Z(アトリエ ジー)のE#286は、サウンドコントロールを思いのままに行えるベースギターです。
まだお試しになった事がない皆様、E#286の魅力を味わわないままでいるのは本当にもったいないですよ。

関連記事

まずはお気軽に査定依頼を!