ヤマハ ステージア買取強化!!

  1. HOME
  2. マニアックブログ
  3. 楽器について
  4. GIBSON(ギブソン)のJ-45 Mahogany 1944-45について【アコースティックギター】

マニアックブログ

GIBSON(ギブソン)のJ-45 Mahogany 1944-45について【アコースティックギター】

GIBSON(ギブソン)のアコースティックギターはどれも素晴らしいものばかりですが、その中でもJ-45は特に高い人気を誇る定番モデルとなっています。
ビンテージ・サンバーストのラウンド・ショルダーというルックスを持つJ-45は、1942年に世に送り出されてからから現在まで、多くのギタリストから厚い支持を受け続けているモデルなのです。
製造年によって仕様は若干異なり、1944~45年に作られたJ-45 Mahogany 1944-45はトップとサイド&バックにマホガニーが使われています。
ネックはメイプル、指板はハードウッド、ブリッジはハカランダですね。
GIBSON(ギブソン)のJ-45の長い歴史の中でも、J-45 Mahogany 1944-45のように初期に作られたものはネックがやや太く、テーパーヘッドにスクリプトヘッドロゴ、バナーロゴが特徴です。
心地良くそれでいて圧巻の音を備え、中でも低音はさすが初期のJ-45と言えますね。
ボディがオールマホガニーである事で、温もりと甘さを持ちながらも少し暗さも感じさせる音色をお楽しみいただけます。
J-45というとトップはスプルースという印象があるかもしれませんが、こちらのマホガニーもなかなか味わい深い音色をしており、好まれる方も少なくありません。

GIBSON(ギブソン)の他のJ-45をお試しになった事がある方にも、J-45は未経験という方にも、J-45 Mahogany 1944-45はぜひおすすめしたい1本です。

関連記事

まずはお気軽に査定依頼を!