ヤマハ ステージア買取強化!!

  1. HOME
  2. マニアックブログ
  3. 楽器について
  4. HAMMOND(ハモンド)のSK1-73について【シンセサイザー】

マニアックブログ

HAMMOND(ハモンド)のSK1-73について【シンセサイザー】

電子ピアノやシンセサイザーなど、鍵盤楽器にも色々なものがありますが、ライブで活躍してくれる鍵盤楽器をお探しの方におすすめしたいモデルの一つがHAMMOND(ハモンド)のSK1-73です。


HAMMOND(ハモンド)のSKシリーズは持ち運びのしやすいライブ向きのステージキーボードで、オルガン・セクションとエクストラボイス・セクションという2系統の音源をレイヤー出来る点が魅力となっています。
それはSK1-73ももちろん同様で、オルガン・セクションでは仮想トーンホイール方式のトーンホイール・オルガンや、波形合成方式のトランジスタ・オルガン、パイプオルガンなどを備えています。
エクストラボイス・セクションではピアノやエレクトリック・ピアノなどを備え、音色も簡単に選ぶことが出来ますし、ライブラリー領域やプロコード機能などの機能も充実しています。
マルチエフェクトやオーバードライブ、イコライザーなどはそれぞれのセクションで独立していますし、設定も個別に行えます。
マスターイコライザーを使えば全体の音質の調整も可能です。
100を超えるセッティングを記憶させられるパッチや、簡単にパッチを呼び出せるフェイバリットなどをはじめ、様々なプレイスタイルに役立つ機能も豊富に搭載されています。
USBやMIDIなどの接続端子が多数備え付けられている点も助かりますね。
また重さは7kgほどですので持ち運びも簡単です。

 

ライブをより一層盛り上げてくれるHAMMOND(ハモンド)のSK1-73。
ぜひ一度お試しになってみてください。

関連記事

まずはお気軽に査定依頼を!