ヤマハ ステージア買取強化!!

  1. HOME
  2. スタッフブログ
  3. ギター,新着情報
  4. ラッカーなのかポリなのか

スタッフブログ

ラッカーなのかポリなのか

みなさん、こんにちは。

 

最近体がだるい日は気圧のせいではないかと疑い始めている僕です。

母が昔気圧のせいで体がだるいと言っているのを聞いて

「そんなあほな!」

と思っていましたが、ほんとかもしれません・・・。

 

 

さて、今日のテーマ「所有するギターの塗装はラッカー塗装かポリ塗装か」です。

 

まずはそれぞれのメリット、デメリット、特徴。

 

 

ラッカー塗装

ラッカー塗装はポリ塗装のギターに比べて高価である(事が多い)。

ゴム製のスタンドに置いておくとゴムやけしてしまう等デリケート。

経年変化で渋みがでる。

 

 

ポリ塗装

ラッカー塗装のギターに比べて安い(事が多い)。

ラッカー塗装に比べると頑丈。

年数が経っても磨けば綺麗になる。

 

 

こうしてみると圧倒的にポリ塗装の方がよさそうですね。

 

(作り手の方からするとラッカー塗装は手間がかかるらしいです。)

 

が、しか~し!

僕はラッカー塗装の方が好きです。

 

 

弾けば弾くほど味が出てきて、まさに自分色に染まっていく!

相棒!って気がしてくるんですよね。

この感じがたまりません!

 

なので僕は、

「所有するギターはラッカー塗装」派です。

 

ですが、普通に考えればずーっと綺麗でいてくれる(もちろん例外もありますが)

ポリ塗装のギターもいいですよね。

 

 

 

 

結局は持つ人の好みってことですよね。

 

 

 

帰ったらギターを磨こう。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

まずはお気軽に査定依頼を!