ヤマハ ステージア買取強化!!

  1. HOME
  2. スタッフブログ
  3. ギターいじり,店舗紹介,新着情報
  4. ナット交換②

スタッフブログ

ナット交換②

家を掃除をしていると「あれ?こんなんあったっけ?」と。

1

象牙のブランク材です。

象牙と言えば今では貴重品、入手不可ではありませんが

大変高価な物となっています。

 

ギターではアコースティックギターのナットやサドルによく使われますね。

 

しかし出てきたコレは幅が薄く、長さも短い。。。

アコギでは使えなさそうなので、エレキのナットにしてみましょう。

 

高価な象牙の代わりにTUSQ(タスク)という人口象牙が持て囃されるわけで

ナットが無くなり、埃を被っていた店頭試奏用エレキギターにちょうど良いと、作業を始めて。。。

2

完成☆ 小さすぎて文様が分かりにくいのが残念です。

 

初めて象牙を加工したような気がしますが、牛骨に比べて柔らかくかなり加工がしやすいですね。

しかし、ただ単に柔らかいプラスチック系とは違い、しっかりエッジも立たせやすく、作業がはかどります。

はまりそうですが、なんせ値段が。。。

 

肝心な音はというと・・・

まさにリッチサウンド!!

この前はタスクを使っていたのですが、あきらかに音量から鳴り方から違います☆

経験上、造ってすぐのナットは今一つ鳴りが弱くなる気がするのですが、

出来た傍から鳴ってます!

はまりたいけど、なんせ値段が。。。でも値段の価値は有りそうです。

 

たまには掃除してみるもんですね☆

 

次はアクティブとパッシブのピックアップの混在ギターに取り掛かります。

3

問題有りという話は聞きますが、実際に自分の目(耳?)で確かめてみます☆

 

関連記事

まずはお気軽に査定依頼を!