ヤマハ ステージア買取強化!!

  1. HOME
  2. マニアックブログ
  3. 楽器について
  4. FENDER(フェンダー)のMustang GT 100について【アンプ】  

マニアックブログ

FENDER(フェンダー)のMustang GT 100について【アンプ】  

FENDER(フェンダー)というとまずギターやベースを思い浮かべますが、アンプも忘れてはなりませんよね。
FENDER(フェンダー)のアンプが世の中に与えてきた影響は本当に大きく、長年にわたって多くのミュージシャンから支持されています。
今回はそんなFENDER(フェンダー)のデジタルアンプ、Mustang GT 100をご紹介しましょう。

FENDER(フェンダー)のMustang GT 100は、クオリティと低コストを両立させたMUSTANG AMPを改良したアンプです。
世界で初めてWi-Fi機能を搭載したモデルで、ファームウェアのダウンロードやアップデート、FENDER(フェンダー)アーティストが作ったプリセットへのアクセスなどが可能となっています。
他のプレイヤーやクリエーターと繋がってユーザープリセットなどをシェアする事も出来ますよ。
また搭載されているプリセットはジャンルやアーティストで分けられており、使用するプレイヤー自らプリセットを作る事も可能です。
特別設計のCelestion製12インチ・スピーカーを1基搭載した100 Wパワー出力で、プリセット・マネージメント&エディット(iOS/Android対応Tone App対応)を指先で簡単に操作出来るようになっています。
インターフェイスはごくシンプルな作りですし、ソフトタッチキーや大型エンコーダーとも連動していますので、簡単な操作で自由自在なナビゲートが出来るでしょう。
視認性を考慮したフルカラーLCDディスプレイを用いている点も、操作性の向上に大きく貢献していますね。

関連記事

まずはお気軽に査定依頼を!