ヤマハ ステージア買取強化!!

  1. HOME
  2. マニアックブログ
  3. 楽器について
  4. FUJIGEN(FGN)(フジゲン)のNTL10MAHT-WBについて【エレキギター】

マニアックブログ

FUJIGEN(FGN)(フジゲン)のNTL10MAHT-WBについて【エレキギター】

FUJIGEN(FGN)(フジゲン)はギター作りにおける高い技術から、世界中のギターブランドのOEM生産を行っているだけでなく、オリジナルブランドであるFgNネオクラシックシリーズも展開し、高い支持を得ています。
NTL10MAHT-WBはそんなFUJIGEN(FGN)(フジゲン)のエレキギターのうちの一つです。
セミホロウ構造のボディのシンラインタイプですので軽く、また鳴りが柔らかく甘いトーンを持ち合わせている点も特徴ですね。
メタリックでつんざくような、ソリッドタイプのテレキャスの音と比べると、高音域がやや丸く感じられます。
ボディにアッシュ、指板にメイプルを採用しており、心地よい歯切れの爽快な音を持っています。
ソフトVシェイプのネックグリップではありますが、昔ながらのVシェイプが苦手という方でも負担なくお持ちいただけるのではないでしょうか。
ホワイトブロンドにホワイトパール柄のピックガードという外観からは、爽やかさや上品さが感じられます。
たっぷりとした倍音と鳴りには膨らみがありますが、鋭さも持ち合わせており、バランスの良い音色と言えますね。
さらにNTL10MAHT-WBにはFUJIGEN(FGN)(フジゲン)オリジナルのサークルフレッティングシステムが使われている他、ステンレス・ネック・ジョイント・プレートも用いられています。
FUJIGEN(FGN)(フジゲン)のNTL10MAHT-WBはその軽さから、ステージで激しく動きたい方向きですし、また小柄な方にも扱いやすいエレキギターとなっています。
しかしふんわりとした見た目や軽さ、カッティングの軽快さだけでなく、いぶし銀で味わい深いドライブサウンドもNTL10MAHT-WBの魅力ですし、ぜひ多くの方にお手に取ってみていただきたいですね。

関連記事

まずはお気軽に査定依頼を!