ヤマハ ステージア買取強化!!

  1. HOME
  2. マニアックブログ
  3. 楽器について
  4. GIBSON(ギブソン)のDOVE 1963について【アコースティックギター】

マニアックブログ

GIBSON(ギブソン)のDOVE 1963について【アコースティックギター】

楽器は音色や演奏のしやすさなども重要ですが、デザインも気になるところですよね。
GIBSON(ギブソン)のDOVEは、ピックガードに鳩がデザインされた、実におしゃれなアコースティックギターです。
対して同じくGIBSON(ギブソン)のアコースティックギターであるHummingbirdでは、ピックガードにハチドリがデザインされています。
Hummingbirdの上位機種として作られたのがDOVEであり、どちらもおしゃれな外観が魅力的なモデルですが、今回はDOVEの中でも1963年に作られた、DOVE 1963についてお話しましょう。

DOVE1963はトップにスプルース、サイド&バックにカーリーメイプル、ネックにマホガニー、指板&ブリッジにハカランダを採用しています。
ブレイシングの高さを低めにした事で、メイプルを使ったGIBSON(ギブソン)のギターの中では軽量ボディとなっていますね。
心地良い歯切れと、明るくパワフルなトーンがDOVE 1963の魅力で、チューンOマチックサドルのおかげでこれ以上ないパーカッシブな響きも備えています。
鋭い音色ながらも情緒が感じられる点は、DOVEの中でも特に前期モデルの特徴と言えますね。
またチェリーサンバーストの美しい見た目も、鳩をデザインしたピックガードと共に、DOVE 1963の大きな魅力となっています。

見た目はもちろん、心躍る素晴らしい音色も持ち合わせているGIBSON(ギブソン)のDOVE 1963ですが、生産数はあまり多くなく、目にする機会はなかなかないかもしれません。
だからこそ、出会った時には迷わず手に取ってご覧いただきたいモデルですね。

関連記事

まずはお気軽に査定依頼を!