ヤマハ ステージア買取強化!!

  1. HOME
  2. マニアックブログ
  3. 楽器について
  4. WALRUS AUDIO(ウォルラスオーディオ)のJULIAについて【エフェクター】

マニアックブログ

WALRUS AUDIO(ウォルラスオーディオ)のJULIAについて【エフェクター】

エフェクターには個性的なモデルも沢山ありますが、豊かなアナログ・サウンドをお求めでしたら、WALRUS AUDIO(ウォルラスオーディオ)のJULIAはいかがでしょうか。
WALRUS AUDIO(ウォルラスオーディオ)のJULIAは、個性あふれるコントロールを備えたコーラス/ビブラート・ペダルです。
フルアナログですのでディープなアナログ・サウンドをお楽しみいただけるのはもちろん、新たなサウンドも手に入れる事が出来るでしょう。

1999年、南太平洋の幅広い範囲で謎の音が確認されました。
その音は「JULIA」と呼ばれ、水の女神の哀しい叫び声ではないかと噂されています。
WALRUS AUDIO(ウォルラスオーディオ)のJULIAは、そんな神秘的な「JULIA」をモチーフとして作られたモデルです。
ディープで麗しいサウンドが魅力である事に加え、LFOエフェクト・モジュレートのプリディレイを調整可能なLagコントロールもJULIAの大きな魅力となっています。
すっきりと滑らかなモジュレーションやフランジャーのような音が欲しい時には短く、モジュレーションの深い豊潤な音が欲しい時には長くご設定ください
Lagノブのおかげでアナログ・コーラス/ビブラートを表現出来るだけでなく、新たな次元でのサウンド表現が可能となっています。
Lag(プリディレイ)以外のコントロールに関しましては、Rate、Depth、Dry-Chorus-Vibrato(ブレンド)、LFOウェーブ・シェイプが調整出来るようになっています。
さらにスイッチなどでコーラスとビブラートの切り替えを行う一般的なモジュレーションペダルとは異なり、ドライ信号からコーラス、ビブラートは思いのままにブレンド可能です。
コーラス・サウンドも意のままに調整出来ますし、斬新なコーラス/ビブラート・サウンドを生み出す事も出来るでしょう。
またWAVEスイッチを使えば、ダイナミックな揺れを起こす事の出来るサイン波や、鋭いコーラス効果を得られるトライアングル波でLFOウェーブフォームを変えられ、様々なビブラートをお楽しみいただけます。
イラスト入りのルックスも、ミステリアスなアナログ・サウンドを引き立ててくれていますね。

皆様もぜひWALRUS AUDIO(ウォルラスオーディオ)のJULIAの神秘的なアナログ・サウンドをお楽しみください。

関連記事

まずはお気軽に査定依頼を!