ヤマハ ステージア買取強化!!

  1. HOME
  2. マニアックブログ
  3. 楽器について
  4. YAMAHA(ヤマハ)のYFH-8310ZGについて【トランペット】

マニアックブログ

YAMAHA(ヤマハ)のYFH-8310ZGについて【トランペット】

楽器の中には著名なプレイヤーが監修したモデルも少なくありません。
例えばYAMAHA(ヤマハ)のYFH-8310ZGは、ジャズトランペット奏者として知られるボビー・シュー氏によって監修されています。

YAMAHA(ヤマハ)のYFH-8310ZGは安定感のある高音域と華やかな音色を魅力とし、高度な音楽表現が可能なモデルとなっていますね。
ゴールドブラスベルらしく、温もりあるファットな音色をお楽しみいただけますし、素早く反応してくれる音色はクリアラッカー仕上げならではと言えます。
一枚取り工法で作られるベルは芳醇さや鮮やかさを生み出してくれています。
またホールディングのしやすさや高い操作性を考慮し、人間工学を元にして第3抜差管のトリガーを設計してあります。
同じくボビー・シュー氏監修モデルであるYTR-8310Zとデザインをそろえつつ、音色や吹奏感についてもしっかりと考えられています。
さらにどっしりとしつつ煌びやかさも持つ響きと、高い速達性を持つマローンパイプが用いられている点も、YFH-8310ZGの大きな魅力と言えます。
マローンパイプにはテーパーがかかっていますが、これによって一般的なマウスパイプよりも吹奏感が高くなり、安定した高音域も実現出来るのです。

ソロでもセクションでも、どんな場面でもその力と存在感を発揮してくれるYAMAHA(ヤマハ)のYFH-8310ZGではありますが、やはりボビー・シュー氏監修のモデルという事もあり、その力を最大限に発揮してくれるのはジャズかもしれませんね。

関連記事

まずはお気軽に査定依頼を!