ヤマハ ステージア買取強化!!

  1. HOME
  2. スタッフブログ
  3. エフェクター,新着情報
  4. ちょびっと比較!クライベイビー、ジミヘンワウ

スタッフブログ

ちょびっと比較!クライベイビー、ジミヘンワウ

みなさんこんにちは。

 

今日は、Jim DunlopのCRY  BABYと

同じくJim DunlopのJHー1の

弾き比べをして見ました。

 

徹底比較!ってほどではないので、ちょびっと比較!

そんな、ゆるい感じです。

 

 

ワウペダルと言えば真っ先に名前が上がるクライベイビー、

伝説のギタリスト、ジミヘンドリックス様のシグネイチャーワウのJH-1。

 

 

 

まずは見た目です。

1

2

3

 

ステッカーと裏のパネル以外はまったく一緒ですね。

続いて裏のパネルを開けて、基盤を拝見。

 

4

僕はあんまり回路の事は分かりませんが、

見た感じ、インダクターとコンデンサー以外は一緒ですね。

 

 

 

それでは肝心の音の方を・・・

 

 

 

 

 

!!!

 

 

 

 

違う!

 

 

 

見た目が一緒なのに音が全然違う!

 

あんな小さなパーツの違いで、ここまで違うものなのか・・・

 

 

それでは比べてみた感想を発表したいと思います!

(あくまで僕の感想です!)

 

 

まずはクライベイビー。

バランスの良い、優等生といった感じの印象です。

(学生服に学帽をかぶったぐるぐるメガネの生徒会長のイメージ)

ワウのお手本のようなかかり方のような気がします。

おとなしい感じですね。

 

続いてジミヘンワウ。

クライベイビーと比べてみると、癖があるなというのが第一印象です。

かかり方がクライベイビーよりもディープに感じます。

クライベイビーが優等生ならこちらはワイルドなやんちゃ坊主という印象です。

(羽織った学ランの隙間から割れた腹筋がみえる番長のようなイメージ)

 

 

 

あくまでも個人の感想ですが・・・

 

 

同じメーカーのほとんど同じワウでもこれだけ音が変わるから、ワウって奥が深そうですね・・・

 

関連記事

まずはお気軽に査定依頼を!