ヤマハ ステージア買取強化!!

  1. HOME
  2. マニアックブログ
  3. 楽器について
  4. Roland(ローランド)のFantomG(ファントムG)シリーズ高価・高額買取中

マニアックブログ

Roland(ローランド)のFantomG(ファントムG)シリーズ高価・高額買取中

マルカートではあらゆる楽器ブランドの電子ピアノシリーズを高価買取しております。

そんな中から本日は、Roland(ローランド)のFantomG(ファントムG)シリーズの高価買取情報です。

キーボードメーカーと言えばRoland(ローランド)ですよね。
涼しい語感から、思わず北欧系メーカーを想像してしまいますが創業40年の国産メーカーです。

ちなみに社名の由来はフランス最古の叙事詩「ローランの歌」からとられているとか。

2001年にRoland(ローランド)から発売されたFantomシリーズの特徴は、大きな液晶画面と4つのノブ、D-Beam(ディ・ビーム)コントローラーと呼ばれる独自のコントローラーです。

そして今日ご紹介するFantomG(ファントムG)シリーズは、2004年に発売されたFantom-Xの後継機として2008年発売に発売されました。

ライブ演奏面での強化として世界初のワイドVGA液晶搭載や、パッチ変更の際にリリース音が消えない新エクスパンション・ボードARXシリーズの増設などの他、大幅に容量が増加(64MB→256MB)されでいます。

またUSBマウス対応になるなどの強化も見られ、16パートの個別のマルチエフェクトのインサートも可能となっています。

FantomG(ファントムG)シリーズ愛用者では小室哲哉氏が有名で、ライブや作曲環境に使用されています。

しかし、2011年にはFantom-G7が生産終了。G6、G8も2012年4月に生産終了しました。
それと入れ替わるようにシーケンス部分とサンプラーを外して音色作成とライブパフォーマンスに重点を置いたJUPITER-80及び50が発売されていますが、FantomG(ファントムG)シリーズ後継のワークステーションは発表されていないため、現在ローランドの最後のワークステーションシンセとなっています。

こんな凄い一台、眠らせるのにはもったいないと思いませんか?
お手持ちのシンセに「Fantom」の文字がありましたら、迷わずマルカートまでご相談ください。

マルカートでは、只今Roland(ローランド)のFantomG(ファントムG)シリーズを高価買取しております。
ぜひお気軽にご相談ください。

関連記事

まずはお気軽に査定依頼を!