ヤマハ ステージア買取強化!!

  1. HOME
  2. マニアックブログ
  3. 楽器について
  4. Clavia(クラヴィア)のnord lead 4について【シンセサイザー】

マニアックブログ

Clavia(クラヴィア)のnord lead 4について【シンセサイザー】

Clavia(クラヴィア)がVA(バーチャル・アナログ)シンセであるnord leadをこの世に送り出したのは1995年ですが、今でもその圧倒的な存在感は変わりありません。
現行モデルであるnord lead 4はサブトラクティブ・シンセサイザーとして、1ボイスにつき2オシレーターを備えています。
ノコギリ波などの一般的な波形に加え、オシレーター1には充実したウェーブテーブル波形もございます。
音色は最大で4レイヤーまで重ねる事が出来ますし、スプリット・モードを使えばキーボードを左右で分け、異なる音色を振り分ける事も可能です。
特定のパート(スロット)の音色を固定してバックにしつつ、違った音色で他の演奏が出来るホールド機能も備わっています。
オシレーター・シンクは不規則な歪みをオシレーター波形に起こすハード・シンクに加え、ソフト・シンクもお使いいただけます。
また12/24dBの一般的なローパス・フィルターだけでなく、シャープな48dBローパス・フィルターもフィルター・セクションとして搭載されています。
さらにコード・メモリー機能やアルペジエイター、パターン機能、マスター・クロック機能などの個性的な機能も、Clavia(クラヴィア)のnord lead 4の大きな魅力と言えますね。

先代モデルであるNord Lead 2Xから劇的に進化したClavia(クラヴィア)のnord lead 4。
シンセサイザーをお探しでしたら、Clavia(クラヴィア)のnord lead 4をお試しになってみてはいかがでしょうか。

関連記事

まずはお気軽に査定依頼を!