ヤマハ ステージア買取強化!!

  1. HOME
  2. マニアックブログ
  3. 楽器について
  4. MARTIN(マーチン)のOOOC Nylonについて【クラシックギター】

マニアックブログ

MARTIN(マーチン)のOOOC Nylonについて【クラシックギター】

クラシックギターにはあまりなじみがないという方もいらっしゃるかもしれませんが、近頃は日本でもナイロンストリングスギターを愛用するアーティストは少なくありません。
ナイロン弦のギターも色々なものがございますが、MARTIN(マーチン)ではOOOC Nylonがそうですね。
MARTIN(マーチン)のOOOC Nylonは伝統的なクラシックギターとはまた違った様相を持つモデルで、握りやすさが考慮されたグリッピングや、一般的なガットに比べると長めのスケールが特徴となっています。
これにより弦振動が抑制され、弦高の演奏しやすいセッティングが出来るようになっているのです。
またフラットトップと同じカービングフレットボードを用いた事も、演奏性の高さに繋がっていますね。
ナイロンストリングギターでありながら、アコースティックギターと変わらぬ感覚で演奏出来るでしょう。
さらに搭載されているFISHMAN社とMARTIN社のコラボアンダーサドル式ピックアップとナイロン弦は絶妙の組み合わせです。
ナイロンストリングスギターでは細めのおよそ47mmのナット幅を採用しており、女性や手が小さめの方でも扱いやすい点も嬉しいですね。
シトカスプルースのトップにサペリのサイド&バックのエレガットモデルで、ライブにも録音にもお使いいただけます。
サペリらしいブライトで温もりある鳴りと、ナイロン弦ならではの丸みを帯びた鳴りとが混ざり合う心地よい音色は、本当に素晴らしいですね。

MARTIN(マーチン)のOOOC Nylonは、古典的なスタイルでありながらも、今の時代に合った演奏性も持ち合わせたギターです。
生鳴りでもマイクに繋いでも、十分にご満足いただける演奏が出来るのではないでしょうか。

関連記事

まずはお気軽に査定依頼を!