ヤマハ ステージア買取強化!!

  1. HOME
  2. マニアックブログ
  3. 楽器について
  4. Gibson(ギブソン)のSG ’61 Reissueについて【エレキギター】

マニアックブログ

Gibson(ギブソン)のSG ’61 Reissueについて【エレキギター】

1961年、Gibson(ギブソン)はダブルカッタウェイのレスポールをフルモデルチェンジし、軽量で薄いボディに最終フレットまで手の届きやすいネックを備えるSGを発売します。
SGには様々な仕様のモデルがありますが、中でもレスポール・スタンダードをベースにしたSG Standardは現在でも高い人気を誇っていますね。
SGシリーズの大半はボディとネックにマホガニーが使われており、存在感抜群のミドルが魅力なことから特にロック向きのエレキギターとして愛されています。

 

今回ご紹介するSG ’61 ReissueもGibson(ギブソン)のSGシリーズのうちの一つで、1961年に作られたSGの復刻モデルとして作られました。
スモールピックガードやブロックポジションマークなどが当時のSGを思い起こさせます。
SG Standardと同じ’57クラシック・ハムバッカーピックアップがSG ’61 Reissueにも搭載されていますが、ボリュームポットが300kΩとなっていることでトーンのニュアンスはやや甘めですね。
マホガニーらしい鋭いエッジを持つ張り詰めた音色は抜けも抜群です。
演奏性を考慮してハイポジションが剥き出しになっていますし、軽く抱えやすいボディということもあって、小柄な方でも無理なく演奏出来るのではないでしょうか。

 

Gibson(ギブソン)のSGシリーズには今回ご紹介したSG ’61 Reissueだけでなく、多様なラインナップがございます。
皆様もぜひ自分好みのSGを見つけてみてください。

関連記事

まずはお気軽に査定依頼を!